まいにちきろくノート

まいにちきろくノート

気になったことをきろくしていきます。

トイレできたねシートを手作り/なぜか進む英語教育/謎の祭壇

こんにちは。

2歳の息子とワイワイやってる「とまと」と申します。

まだ不調中ではありますが、少しだけ記録を。

 

もくじ

 

トイレできたねシートを手作り

2歳9ヶ月になった息子、トイレでのおしっこは未だ一度も成功していません。

ゆるゆるーとしていたトイトレですが、言葉が通じるようになってきたこともあり、少しだけギアを上げて行うことにしました。

 

といっても、声をかける回数を増やすだけ。笑

 

今後もゆるゆると行きそうです。

幼稚園入園までに外れたらいいけど、早生まれだし、機能的な問題もあるしなあ。

 

最近、前まで使ってたトイレできたねシートが終わりを告げたので、新しいものを準備しました。

f:id:tmt_krk:20221004211754j:image

母の手作り。

 

ダイソーでどうぶつシールを買ってきて、

「何の乗り物に乗せたい?何がいい〜?」

って息子に聞きながら作りました。

 

f:id:tmt_krk:20221004211840j:image

案外既製品より食いつきが良くて、トイレに行く回数が増えました。

外れろ、オムツ〜!

 

おまけPhoto①:なぜか進む英語教育

f:id:tmt_krk:20221004211939j:image

これを英語教育と言っていいのかアレなんですが、最近息子、アルファベットにハマってます。

読みを聞いてきたり、図鑑を見ながら順番通りに並べてみたり、歌を歌ってほしいとお願いしてきたり。

うどん屋さんのお子様セットのおまけにもらったこのアルファベットパズル、なかなか活躍しています。

 

知らぬ間に読めるものが増えていて、なぜ!!と思っていたら、

夫「おれが仕込んでるからな!」

とのことでした。

 

しまじろうアプリでも英語のゲームを知らぬ間にやってたりするし、気になるのかなあ。

 

おまけPhoto②:謎の祭壇
f:id:tmt_krk:20221004211943j:image

何かの儀式かな…?

 

このジャンプボールという玉入れオモチャは夫がダイソーで買ってきました。

「どーしても、これ、買うよ!!!」

と息子が言って聞かなかったんだとか。

 

今はアルファベットパズルと並んで、オモチャ棚のゴールデンエリアに堂々と収納されています。

ダイソーだと侮るなかれ、なにやらかなり楽しいみたいですよ、息子にとっては。

f:id:tmt_krk:20221004213425j:image

自分が欲しいと言ったものを買ってもらえる経験も、大事だよなーと思いました。

 

おわりに

抗生物質がかなり効いてて、これはもう完全回復じゃないか!?と昨日調子に乗ったら、今日の午前中はピクリとも動けなくなってしまいました。

気を遣って3時間弱も声をかけずに放っておいてくれた息子、本当にありがとう。

1人で静かに遊んでいてくれました。

本当に大きくなったなあ。

 

そういえば、イヤイヤ言うこともなくなってきたし、また次の段階に進むのかしら。

 

ピタゴラスイッチを見た息子が、

「おかあさーん?しっぱいしたら、チャレンジすることが、たいせつだって、いってるよー?」

と。

 

ほんとそうね!!

早く体治して、たくさんチャレンジするよー!

noteは完全ストップしてますが、回復するまで今しばらくお待ちくださいませ。

体調不良時の4コマ3つ。半月ぶり!とまとだよ!久々のアナログだよ!

こんにちは。

2歳の息子とワイワイやってる「とまと」と申します。

お久しぶりです!

半月ぶり!!!

 

もくじ

 

お察しのとおり、ダウンしてました

f:id:tmt_krk:20220930223045j:image

 

 


f:id:tmt_krk:20220930223055j:image

 

 


f:id:tmt_krk:20220930223051j:image

 

 


f:id:tmt_krk:20220930223121j:image

副作用は出るわ、途中で症状がガラリと一変するわ、とても大変な数日でした。

この2日後に再び病院を訪れ、お医者さんに「辛かったね、大変だったね…!」と優しい言葉をかけていただき、抗生物質を出してもらって、今何とか少し落ち着きました。

完治まで1か月らしいけど、とりあえず寝られるようになって本当によかった。

また月曜日に病院行きます。

早く治れ!!!

 

 

おまけ4コマ:手慣れた手つき


f:id:tmt_krk:20220930223102j:image

 

 


f:id:tmt_krk:20220930223042j:image

 

 


f:id:tmt_krk:20220930223059j:image

 

 


f:id:tmt_krk:20220930223115j:image

いや、2箱はいったか…?

セレブは鼻決壊時の頼れる相棒です。

 

おまけ4コマ:何でマスクした?


f:id:tmt_krk:20220930223107j:image

 

 


f:id:tmt_krk:20220930223048j:image

 

 


f:id:tmt_krk:20220930223111j:image

 

 


f:id:tmt_krk:20220930223118j:image

目がキラッキラしてました。

でも息苦しいのか、このあと少ししてそっと外してました。

お母さんも外したいよ〜

 

おわりに

ブログを書くことはおろか、読むことも、Twitterも、noteも、お問い合わせも、全て停止してました。

苦しみながら、少し前に夫が大人買いしたハガレン銀の匙を全巻読破してました。

本当に苦しかった…そして本当に面白かった…!

 

またぼちぼち再開していきたいと思います。

よろしくお願いしますー!

【とまと塾】2人目の生徒さん(小2女子)の授業記録。中学受験の下準備講座、お役に立てたようです。

こんにちは。

2歳の息子とワイワイやってる「とまと」と申します。

「低学年向けの中学受験準備講座(理科)」としてスタートした「とまと塾」のオンライン授業。

2人目の生徒さんの授業が全て終了したので、ご報告しますね。

f:id:tmt_krk:20220914003352j:image

 

もくじ

 

2人目の生徒さんは、「完全初めまして」でした

1人目の生徒さんは、ブログ友達のぴっきーさん(id:Pikky)の息子くん(小2)でした。

ぴっきーさんは何年もこのブログを読んでくださっていて、講師としての私の考え方はもちろんのこと、普段の私の人となりも、ある程度はご存じだったと思います。

 

しかし2人目の生徒さんは、検索からたどり着いてくださった、完全に初めましての方でした。

お父様がネット検索をしていたときに、こちらの記事が目に留まったのだそうです↓

tmt-krk.hatenablog.com

いったいどんな検索をしたら、この弱小ブログにたどり着くことができるのか?と気になってお尋ねしたのですが、その日は様々な言葉で検索しては戻りを繰り返していらっしゃったそうで、詳しくは覚えていないとのこと。

ブログ内の【とまと塾】オンライン授業の希望調査にお問い合わせいただいた同日に、noteに書いた有料記事の1つ目もご購入してくださっていたので、そちらも読んで、参考にされたのだと思います。

note.com

頑張れば検索からもこのブログに辿り着けたりするんですね、グーグルさんすごい。

 

さて、今回の生徒さんは小学2年生の女の子でした。

7月末にお問い合わせをいただき、8月中に、1人目の生徒さんと全く同じ内容で3回分の授業を受けたいと。

幸いにも学年が同じでしたので、内容は少し前後させたものの、ほぼ同じ授業を行いました。

※お盆の帰省までに星座の単元を受けたいと希望されたので、授業の順番を「星座」「植物」「昆虫」の順に変更しました。

 

授業内容につきましては、1回目の生徒さんのものが後半2回分は上に載せた記事↑に、初回分はこちら↓に書いておりますので、気になる方はご覧ください。

tmt-krk.hatenablog.com

tmt-krk.hatenablog.com

 

また、今回も「今後のために、感想文をいただけないでしょうか…?」と図々しくもお願いしたところ、快く引き受けてくださいました。

メールのお返事がいつも日付が変わるころに送られてきていたので、おそらくかなりハードなお仕事をされていると思われるんですが、時間を縫って、読み応えばっちりな感想文を送ってくださいました。

近い将来、「とまと塾」の授業を受講したいと考えてくださっている方、興味はあるけど実際どんな感じなんだろうと疑問に思っておられる方。

「とまとの具体的イメージ」がほとんどない状態で授業を受けてくださった方の感想文、ぜひお読みください!!!

 

保護者様の感想文

きっかけは7月に行ったキャンプでした。よる、都会の喧騒から離れた森で目の当たりにした満天の星…。それまで理科的なものに全くと言っていいほど関心を示さなかった小2娘の心が、少しだけ動いた気がしました。単なる思い過ごしかもしれませんが、この機会を何とか活かしたいと、帰宅早々、こども科学教室的なものを検索してみました。イメージは、親子で星空を見る会、あるいはプラネタリウムトークショーみたいなやつです。情報を求めネットの宇宙で出会ったたのが、あるサイト。綴られていたのは、小2男子への理科のZOOM授業の様子でした。これは!と思いリンクをたどりブログを拝見すると、ウィットに富んだテンポ感あふれる文章に思わず引き込まれました。

この方はただ者ではない!という雰囲気を感じ、気がつくと受講の問い合わせを送信していました。しかし、娘に集団塾の経験はありません。コロナ禍でZOOMのウエビナーは何度か受講していますが、何とも飽きっぽく話に集中できるのだろうかという不安がありました。その懸念を察してくれたのか、いや、もしかしたら突然問い合わせしてきた人物に不安を感じていただけかもしれませんが、一度、ZOOMで打ち合わせしましょうと呼びかけてくれました。ZOOMだけでなく、メールにも丁寧に対応をしてくださり、いまは理科社会(=世の中)にほとんど関心がない娘だが、将来的には中学受験を考えているというこちらのニーズをくんで授業を構成してくれるとのこと。ちゃんと授業を受けられるのかという不安の一方で、娘がどう反応するのか期待も高まります。

とまと先生とのZOOMの日になりました。出迎えてくれたのは可愛らしいチンアナゴのイラスト。水族館のチンアナゴが好きだという娘の情報から、取り入れてくれたとのこと。もちろん、内容も娘向けに素晴らしくカスタマイズされていました。飽きっぽい娘でも食いつく工夫が随所に散りばめられています。そして、何よりトークが巧み。とまと先生には感想として、軽妙とお伝えしましたが、声のメリハリや話のタメ、緩急が素晴らしい。子どもって、テンポが同じだと飽きてくるじゃないですか。ただでさえ飽きっぽい娘が、ipadに食いつくように話を聞く様子は驚きでした。なお、私が感じた直観は当たっていまして、経歴を伺うと、とまと先生は本当にただ者ではありませんでした。

本題に戻ると、星空、植物、昆虫と3回の授業は、小2の段階で押さえておいてほしいという知識をインプットしつつ、興味関心を引き出してくれる内容でした。そして、驚いたのは3回の授業を通しての娘の変貌ぶりです。褒め上手で乗せ上手な授業のなかで自己肯定感がMAXまで高まったからでしょうか、最後まで話を集中して聞くことができるようになりました。これまでほとんど興味のなかった、星や植物にもずいぶんと関心を示すようになり、それまで置き物となっていたリビングの図鑑も自分から見るようになりました。ゆるゆると取り組んでいた家庭学習にも少し身が入ってきたようです。この調子で勉強を進めてくれれば嬉しいなと思い、これからも季節ごとに星や植物の授業をお願いすることにしました。 親子で星空を見る会のイメージから検索して出会ったとまと塾ですが、おかげさまで親子で夢を見ることができそうです!とまと先生、今後ともよろしくお願いします。
とっても嬉しい感想文を、ありがとうございました!!!
 
ちなみに、初回授業前に無料でズームの打ち合わせをするのは、どなたであっても行う予定です。笑
怪しんではいませんよ!
むしろ検索経由でお問い合わせをくださったこと、とても嬉しかったです!!!
 

初回授業前にはズームにて必ず無料の打ち合わせを行います

初回授業前に顔を合わせて打ち合わせをするのは、大きく2つ理由があります。
 
1つ目は、生徒さんが全く前を向くことができない場合や、通信環境などで安定した通話が困難な場合、授業を行っても期待していただけるほどの利益をご提供できないので、その場合は授業をお断りするつもりだからです。
 
これはどれだけ親しいお友達であっても、揺るがないと思います。
お代金をいただく以上、品質は保証しないといけませんからね。
(実は初回授業時に我が家の化石PCが故障し、何度か接続が切れてしまうというトラブルに見舞われたんですけどね…その節は大変失礼いたしました。ipadに変えてからは、驚きのサックサク具合でした。さらに「画面がとってもクリアになりました!どうされたんですか!?」とびっくりされる始末。あまりに申し訳なかったので、無理を言って2回目の授業前に無料の補講タイムを設けさせていただきました。以降の授業は、全てipadで行いたいと思います。ぴっきーさんもごめんなさい…)
 
2つ目の理由は、完全に「授業」が始まってしまう前に、少しでも私に慣れてほしいなと思っているからです。
 
全く知らない人と対面するの、緊張するし、疲れますよね。
見知らぬ大人と、しかもオンライン会議上で対面するお子さんにとっては、計り知れない負荷がかかると思うんです。
そんな状態で「さあ授業!」と言われても、内容なんて入ってきませんよね。
これも、授業で得られる利益を最大限高めていくための作戦の1つです。
 
あとは単純に慣れてもらえると、反応がよくなってこちらも嬉しいですからね。
生徒さんも、「見知らぬ女の人」に授業されるより、「1回見かけた、なんかテンション高いよくしゃべる女の人」に授業されたほうが、きっと楽しいはず。
…きっと。笑
 

3回分の授業を行ってみて、「低学年向け中学受験準備講座(理科)」の有用性を確信する

今回の授業を通して、より強く、この「低学年向け中学受験準備講座(理科)」が有意義なものであると確信しました。

私、意味あることやってる!お役に立ててる!!!と、心から思いました。

 

そう思わせてくれたのは、生徒さんの実際の授業での様子と、保護者様からのフィードバックです。

こちらも、大きく2つ、ポイントがありました。

 

生徒さんが授業の中でどんどん成長していった:「聞く力」が驚くほど向上した

初回授業は、申し訳ないことに数回接続が切れてしまったんですが、それでも、生徒さんの「聞く姿勢」がまだ未熟だなと感じざるを得ませんでした。

私は塾で小学3年生からしか見たことがありませんので、一般的な小学2年生というものがよくわからないのですが、このまま集団塾に入ると苦労するかもしれないなと心配するほどではありました。

話を聞くときに、前を向く習慣がついていない。

 

聞いてはいるものの、下を見たり、横を見たり、手元にある教材を見たりして、顔が前を向いている時間が少ない。

打ち合わせのときは激しく緊張していた様子で、ほとんど固まった状態で前を向いてくれていたんですが、初回授業ではすでにかなりの緊張がとれていて、大笑いしてくれたりはするものの、3秒と連続して前を向くことができませんでした。

初回授業は星座の単元で初耳の言葉が多かったとはいえ、授業終了直前に行った口頭での確認チェックでは、あまりいいと言える出来ではありませんでした。

 

私は授業内ではホワイトボードや紙に書いた文字を見せながら、話をしていきます。

前を向いて話を聞くことができれば、それらの文字情報や教師の口の動き・表情から、耳で聞く以上の情報を得ることがきでます。

何度も大笑いして楽しそうに授業を受けてくれてはいたので、終盤の口頭チェックでの結果が思わしくなかったのは、この「前を連続して見ることができない」ことが原因だなと判断しました。

初回授業後にメールにてお子さんに関する気づきを求められたときに、すぐこの内容はお伝えしました。

 

「気づいていたなら、なぜ授業内ですぐに注意しなかったのか?」

そう疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

それは、「授業前に生徒さんにお伝えしていた授業内ルールに、”話を聞くときは必ず前を向きましょう”というルールは存在しなかったから」です。

 

私の授業は、かつて集団塾で行っていたときからそうですが、いくつか授業内ルールがあります。

授業を受けてくれる生徒さんには、たとえ体験授業であったとしても、必ずルールをお伝えします。

そうすることで、生徒さんに、「初めてのことだしよくわからないけど、このルールを守ってさえいればいいんだな!」と安心してもらうねらいがあります。

これはオンライン授業でも同じこと。

 

私は、授業を始める前に、3つのルールをお伝えしました。

 

1つ、先生が話をしているときは、絶対にしゃべらないこと。

「話を途中で遮ってしまうと、せっかくの説明が途切れて、内容が頭に残りにくくなってしまいます。自分にとって損になるから、やめましょうね。質問があるときは、手を挙げてアピールしてください」

 

2つ、あくびを耐えること。

「さあ、お勉強をしよう!というとき、お布団の中に入ってやる気が出ますか?出ませんよね。お勉強をするときは、どんな姿勢で行うかも重要なんです。だから、先生の授業ではあくび禁止です。どうしても我慢できなくなったときは、こうしてください(口を一文字に閉じたまま、目を見開いて小刻みにプルプル震える)目の前にいる先生にバレても、隣にいるお父さん、お母さんにバレなければセーフです。頑張ってみてね」

 

3つ、頬杖をつかないこと。

「これはあくびと同じ理由です。お勉強をするときは、どんな姿勢で行うかも大事。頬杖をつきはじめると、どんどん姿勢が崩れていってしまうんですね。右手で頬杖をつくのは禁止だし、左手で頬杖をつくのも禁止。もちろん、両手でつくのも禁止です。見る分には、とってもかわいいんだけどね。出来そうかな?」

 

彼女は、これらを一生懸命守ってくれたんです。

初回授業で不慣れな中、あくびしそうになったら「あっ」という顔をしてすぐに切り替えてくれたり、頬杖をつきそうになったところをギリギリのところで気づいて回避してくれたり。

この様子から見るに、おそらく、普段の学校の授業では、あくびも頬杖も、あまり気にせずしていたと思うんですよ。

それを、しっかり意識して、ルールを守ろうと必死に頑張ってくれていたんです。

そんな彼女の頑張りを無視して、事前に伝えてもいない「話を聞くときは前を向こうね」というルールを急に追加して注意することはできないなと判断しました。

 

そういったことをふまえて、授業後の実際のメールでは、以下のようにお伝えしました。

〇〇さんについての気づきは、以下のとおりです。

 

(中略)

 

2 長い時間前を向くことに慣れていない
前半は回線トラブルが起きたために、集中力が切れてしまって…ということかなと思っていたんですが、
後半の様子を見ると、それだけが原因ではなさそうです。
楽しくのめりこんで、大笑いしてくれているけど、
ずっと画面を集中して見るという作業には、だいぶ不慣れなようすでした。

(中略)

ただ、これに関しては、単純に「もっと画面を見ようね」と言っても、こちらの思い通りにはならないかと思います。
「前を向くこと」ばかり頑張って、内容が入りにくくななる可能性もありますしね。

 

次の授業に向けてすぐにできることは、
「今使わないものは、触らないこと」というルールを新たに追加すること(次回、私からお伝えしますね)と、
こちらから、〇〇さんに画面をもっと注視してもらえるような声掛けを増やしていくことですね。


授業そのものはしっかり楽しんでいただけているようなので、この楽しい気持ちをキープしつつ、
「気づいたら画面をしっかり見ることができるようになっていた」状態をこちらでこっそり作っていきます。


「前回よそ見が多かったよね、次はもっと見ようね」と言ってしまうと、せっかくのやる気がそがれてしまう可能性があるので、
ここはぐっと堪えて、ご本人様には伝えずにいていただけると嬉しいです。
「今使わないものは、触らない」「先生が説明しているときは、前を向く」なんてルールは、前回ありませんでしたしね。

 

〇〇さんは「先生が話しているときは話さず、質問があるときは手を挙げる」「頬杖をつかない」「あくびをしない」を
しっかり守ってくれていました。
今回は、とにかくよく頑張ったと褒めてあげてください!

 

そして、2回目の授業では、まず以下のような説明を加えました。

「今日の授業は、使う教材がたーくさんあります。でも大丈夫!先生が使うたびに、これを持ってね、これを閉じてね、と毎回お願いするからね。だから、言われるまでは隅っこに置いておいてもらえたらOKだよ。安心してね!」

これで、授業中に関係のないものを触ることはなくなりました。

 

また、授業内にて、解説中、

「見て!!!ここのカタチ、何かに似てると思わない!?」

というように、画面に注目できるような声掛けを増やしたり、

生徒さんが2秒でも長く前を向いていられることがあれば、

「わー!今、〇〇ちゃんと先生の目が、しっかり合ってるね!集中して前を向いてくれてるんだね!嬉しいなあ~!!!!ありがとう!」

といったような、自然に前を向きたくなるような声かけを増やしました。

 

その結果、2回目より3回目のほうが、というか、3回目の授業時にはもう何分でも前を向いていられるようになりました。

これは本当に大きな成長で、私自身とても嬉しい気持ちになりました。

 

生徒さんは非常に優秀な女の子で、習い事にてすでに数学年先の勉強を進めているんだそうです。

だから、学校の授業は聞く必要がそもそもなくて、だからこそ、「聞く力」が少し物足りない状態になっていたのだと思います。

 

ただ、中学受験塾に入ってからこの状態だと、とんでもなく苦労すると思うんですよね。

小学校の授業とは比べ物にならないほど、濃密でスピード感のある授業が展開されますから。

 

さらに、「聞く力」「聞く姿勢」が伴っていない子のために、十分な時間を割くほどの余裕は集団塾にはありません。

よくて、電話や個別面談で軽く触れられるくらいだと思います。

授業後に個別でアドバイスをくれる先生はいるかもしれませんが、全員が全員そうするとは限りませんし、今回のように「自然に前を向けるような声掛け」ではなく単純に助言を受けるだけになりますので、「前を向けって言われたけど、先生の話が面白くないから仕方ないじゃん」と思われて終了してしまうかもしれません。

 

塾には、おもしろい先生もいれば、おもしろくない先生もいます。

人によって合う・合わないはさまざまですから、時には合わない先生の授業を受けなければならない時も訪れます。

そういったときに、我が子が「聞く力が身についていて、ひとまず聞いてみようとする子」なのか、「聞く力に乏しく、前を向く習慣がついていないために、合わない先生の話はシャットアウトしてしまう子」なのか。

その違いは、その後の成績に大きな差を生むことになると思います。

 

今回、生徒さんの「聞く力」向上に少しでも貢献できたのは、繰り返しになりますが、本当に本当に嬉しかったです。

人が成長する瞬間を間近で見たくて、この仕事を選んだところもありますからね。

「塾に入る前に、塾並みの授業を通して、聞く力の基礎を身に着けていく」という効果も、この「低学年向け中学受験準備講座」にはあるのだな、と思いました。

 

生徒さんの授業後の変化が目覚ましかった:以前は全く興味のなかった星座、植物、昆虫に興味を持ち始め、自ら図鑑を開くようになった

こちらは感想文にも書いてありましたとおり、とても嬉しい変化でした。

 

そもそもこの授業を希望されたきっかけが「キャンプで星空に興味を持っている様子を見て、このチャンスをどうにか学びにいかせないものかと思われたから」で、その目的に合った結果をご提供できたことが、何より嬉しかったです。

事前情報で、「星空にも植物にも昆虫にも興味はない。むしろ昆虫は少し苦手意識を感じ始めている」ということだったので、今回どうなるかなと思っていたのですが、満足いく結果を出すことができて本当によかったです。

 

3回目の授業、昆虫回の最後で質問を受け付けたときに、

「昆虫が気持ち悪くて苦手なんですけど、どうしたら苦手じゃなくなりますか」

という質問を受けましたが、

「先生も昆虫はめっちゃ気持ち悪いと思ってるよ!!4年生で覚えなきゃいけないハエの顔なんか、ドン引きの気持ち悪さだよ。でも気持ち悪いと思うからこそ、他の人より早く覚えられるかもね。気持ち悪いのは、どうしようもできないよ~」

と言ったら笑っていました。笑

 

この「低学年向け中学受験準備講座」のよさは、ここにあるかなと思います。

本格的な入塾を前に、さまざまな分野への興味を刺激しておくことができる。

授業で扱った知識をどれだけ覚えられたかが重要なのではなくて、今まで全く興味を持ってこなかった世界を身近に感じられるようになることが重要。

数年後実際に塾での授業を受けるようになるまでに、図鑑や生活の中で、それらを身近に感じて自ら情報を得るような行動がとれるようになれば、入塾してからの授業の受け方が大きく変わってくると思うんですよね。

 

まさに、「中学受験準備講座」の名にふさわしい結果を出せていると思います。

 

おまけ:生徒さんの自己肯定感が高まった

これはこの授業に限定して行ったものではないので今回はおまけ扱いにさせていただきますが、どうやら生徒さんの自己肯定感が爆上がりしているのだそうです。

 

もともと、私のいち講師ポリシーとして、自分が気づいた生徒さんの長所はガンガン伝えていく、というものがあります。

 

中学受験が本格化すれば、とんでもないモンスターたちと戦う日々がスタートします。

周りと自分を見比べて、落ち込んでしまうことも少なくないはずです。

そういったときに、自分の強みをしっかりと自覚しておけば、少しへこんだくらいならすぐに持ち直すことができると思うんですよね。

「自分はすごい、自分はできる」

人間とは面白いもので、そう思いながら勉強したら、いつもの何倍も吸収できたりしますしね。

 

あとは単純に、「この子、こんな素敵なところがあるのか!伝えたい、この素晴らしさ!!!」と勝手にテンション上がってるだけなところもあります。

…こちらのほうが、大きいかもしれません。笑

 

自分自身が、「あなたのいいところはここよ」とほとんど言われずに育ったので、自分が少しでも担当する生徒さんには、そういった関わりもしていきたいと、就職先を選ぶときから一貫して思い続けてきました。

 

自分の強さを自分で理解できている人間は、強いです。

生徒さんには、そういった自信を持った状態で、戦いの場に繰り出してほしい。

集団塾に勤めていたときからずっと、この思いは変わりません。

 

おわりに

1人目の生徒さんとは少し異なった切り口での授業記録となりましたが、いかがだったでしょうか。

「とまと塾」が目指すものがどんなもので、「とまと」がどんなことを大切にしている教師なのか、さらに深くお伝えできたのではないかと思います。

 

「個人情報以外は何を書いても構いません!」と言っていただけたので、今回はこんな内容にしてみました。

ちなみに、記事では生徒さんの苦手だったところを中心に書いていきましたが、この生徒さんは「説明された内容を自分の頭の中で既知の情報と照らし合わせ、さらなる疑問を生み出し、即教師に尋ねることができる」というとんでもなく素晴らしい長所を持っていて、授業は毎回、かなりの数の質問を受けることになりました。

「聞く力」さえ鍛えておけば、どこまでも伸びていくタイプだと思います。

 

お父様だけでなく、お母様、また生徒さんご本人様にも、非常に好印象を持っていただけたそうで、次回は冬ごろに、また数回授業を行うことになりそうです。

 

「とまと塾」の今後の発展を、みなさまにも見守っていただけると嬉しいです。

【4コマ】意を決して言ったのはわかるけど。2歳8ヶ月息子の最近の言葉について。

こんにちは。

2歳の息子とワイワイやってる「とまと」と申します。

今日は息子の言葉について。

 

もくじ

 

4コマ:意を決して言ったのはわかるけど

f:id:tmt_krk:20220912225945j:image

 

 


f:id:tmt_krk:20220912225947j:image

 

 


f:id:tmt_krk:20220912230329j:image

 

 


f:id:tmt_krk:20220912225950j:image

お母さんはお腹が空いている、時計もお昼ご飯の時間を指している、だけども、僕はブロック遊びを続けたいんだ…!!!!!

息子が悩んで悩んで出した、「お母さんはお腹すいてないでしょ!」のセリフが、なんともマヌケでかわいかったです。

ポコペケってなんだ、ポコペケって。

 

あれ、でも今メモを見返したら、「ポケペケ」って書いてある。

息子、一文字しか合ってないじゃないか、まじか。

 

 

ほかに最近あった言い間違いだと、「でたーぽ」が最強クラスにかわいかったです。

思わず訂正をためらってしまうくらい、かわいかった。

 

息子「いま、どこいくー?」

私「デパートだよ」

息子「でたーぽ!」

私「そう、もうすぐでたーぽが見えてくるからね、でたーぽでお買い物しようね」

 

 

それから、息子、ここ数日でやっと「いただきます」がきちんと言えるようになりました。

これまでは、

「ッあス!!!」

という、君はどこの体育会出身かな?とでも言いたくなるようなセリフを使っていました。

長い文章が言えるようになったのがここ数ヶ月のことだったので、使い慣れた言葉は以前のたどたどしい言い方のまま来てしまっていたんですよね。

 

「ごめんなさい」も、今日意識して聞いてみたら「ッあさッィ」みたいなよくわからない発声してました。

(それでも母にはごめんなさいと聞こえてしまう)

少しずつ修正していきたいと思います。

 

おまけPhoto:創造性マシマシ

f:id:tmt_krk:20220912231320j:image

見本にない形を、せっせせっせと作っています。

最近、立体的な作品が増えてきました。

 

今日は久しぶりに普通のパズルを10個くらい楽しんで、続けてタングラムにも手を出していました。

「かたち」に関心が強い時期なのかな?

tmt-krk.hatenablog.com

 

おわりに

本日はとっても疲れ果てました。

息子が手強いぜDAYでした。

手強いぜDAYのときはトイレ休憩さえなかなか許してもらえないので、こちらもメンタル面と膀胱面でシビアな戦いを強いられます。

 

みなさん、本日もお疲れ様でしたー!

over30歳、バームデビュー!明日からもうワックスは使いません!

こんにちは。

2歳の息子とワイワイやってる「とまと」と申します。

本日、バームデビューしました!

 

もくじ

 

バームデビューまでの経緯

バームってご存知ですか。

髪用のスタイリング剤のひとつです。

私はワックスの対になるような存在だと認識しています(違うかもしれない)

 

この秋、うん年ぶりに結婚式に出席することになりまして、ドレスからアクセサリーから、そのほとんどを一新することに決めました。

コロナ禍では遠方の式に出席することが難しくて、ビデオ通話での参加ばかり。

ドレスを着る必要がなかったんですよね。

だからパーティー仕様の装いをするのが久々で、20代前半に買ったものはもうなんだか馴染まなくなってて(現在、齢30超です)

そこで、元アパレル勤めの大好きな友達に相談したところ、なんと色々と見繕ってもらえることになりました!!!

本当にありがたい!

 

で、その見繕ってもらえたアイテムたちが、もう全部最高にかわいくてですね…

「プロってすごすぎない?神じゃない?」

って言ったら、

「褒めすぎ!私と好みが似てるんだと思うよー!」

と。

もう専属スタイリストさんとして雇いたくなるくらい、全てが最高の提案でした。

元々彼女への尊敬の念は天井を突き破る勢いだったんですけど、今回の件で大気圏を突破することとなりました。

ほんとすごい、プロってすごい。

かっこいい。

 

で、あまりに全てが最高すぎたので、オススメのヘアスタイルまで聞いてしまったのです。

そこで彼女に提案してもらったのが、

イマドキの濡れ髪風ピタッとヘアでした。

(説明下手はお許しください)

 

「美容院でやり方聞いたらいいよー!」

と優しくアドバイスしてもらったので、美容院にて

「濡れた感じに見えて、サイドがピタッとしてるパーティーヘアって、どうしたらできますか?」

と聞いたら、

「バーム使うだけです」

と言われましてね。

 

本日、めでたくバームデビューとあいなったのです。

 

オシャレアイテム「バーム」は薬局には売っていなかった

美容院で使い方をご指導いただき、まずは薬局へ。

「うちでも取り扱いありますよ〜」と優しく言われたんですが、

「いえ、初心者なので、まずは安価なもので練習してみます」と断ったんですよね。

ヒヨッコ風情がプロ仕様のスタイリング剤を使うたあ、かたはらいたいわ、と思いましてね。

 

でも、大きい薬局に行って探せど探せど、バームなんてものは売っていないのです。

30分も歩き回って探したのに、全く見当たらないのです。

もしや、オシャレアイテムすぎて、薬局では取り扱っていない…!?

 

普段使っているワックスは薬局のお安いものなので、同じように足を運んだんですが、失敗でした。

気を取り直して東急ハンズへ。

ありました!!!!!!

なんかオシャレげなのが、たくさん!!!!!

 

全然わからなかったので、ネットで検索して、オススメされていてかつ比較的お安いもの(gあたりが安いものではなく、少量で、お支払い金額が少なくなるもの)を選びました。

買ったのはこれ。

バームといえば、昔父がシンガポール出張で買ってきたタイガーバームしか知らなかった私にしては、よく頑張ったなと思います。

こんな、シャレオツアイテムを買うだなんて。

 

ヘアケアには一定のこだわりがあって、かつてトリートメントはプロ仕様のものを使っていたりしたんですが、スタイリング剤はどれも薬局で買えるレベルのものしか使ったことがありませんでした。

特にここ数年はショートだから、オイルとワックスしか使ってなかった。

 

ドッキドキの、新規開拓です。

 

使ってみた感想:私、ワックスからバームに鞍替えします!!!

めっちゃいいーーー!!!!

今っぽい!!!!

これだけで数段階オシャレになった感ある!!!!

バーム、いい!

 

ネットで調べたとおり、指の第一関節のさらに半分だけバームをとって両手に広げ、

美容師さんに言われたとおり、根本は避けて内部からざっくり毛先にかけてつけていきました。

前髪は毛先をチョンチョンくらいにとどめて。

 

そしたら!

1日中ずっといい感じでまとまり続けてくれましたー!!!

最高!!!

 

あと、前髪に適度な束感ができて、少し今どきっぽい髪型になりました。

こんな簡単に作れたのか、今どきヘア!!!

もっと早く挑戦したらよかった!!!

 

夫に感想を聞いたら「いつもより似合ってると思う!」と言われたので、今日以降、私はバームとともに生きていこうと思います。

いやー、いい出会いだった。

素晴らしい、素晴らしい。

 

おわりに

実は今日は朝早くから夕方過ぎまで外に出ずっぱりで、太ももパンパンで体もぐったり、もう半分死んでるんじゃ?って状態なんですが、

もうどーーーしてもバームの記事を書きたくて、どうにかこうにか筆をとった次第です。

筆っていうか、スマホだけど。

スマホを、スワイプスワイプした次第です。

 

この頃ちょっと忙しい生活送ってましてね。

イベントと、その準備に追われているんです。

でも、書きたかった。

バーム記事、書きたかった。

余は本望じゃ!!!!!

では、おやすみなさい!!!!!!!!!

 

工作で固定電話作り/シャンプー替えたらウルツヤ髪が手に入った!しかもスマートホルダー。最高!!!

こんにちは。

2歳の息子とワイワイやってる「とまと」と申します。

工作で固定電話を作りました!

そしてお安くウルツヤ髪をゲットしました!!!

 

もくじ

 

工作で固定電話を作りました

土日に帰省した義実家で、固定電話大好き人間になった2歳8ヶ月息子。

受話器を持って、何度も何度も楽しそうに遊んでいました。

義実家の皆さんがとても優しくて、スマホから固定電話に何度か電話をかけてくださったんですけど、息子は「もしもし」と一言つぶやいたらなぜか即切り。

それでも、「いまでんわなった〜!」ととっても嬉しそうにしていました。

 

今日は朝から小さな本を受話器に見立ててお電話ごっこ

それならば!と、今日の午前中は工作をしてみました。

 

コッシーとサボさんの固定電話

f:id:tmt_krk:20220909221328j:image

家にあるものだけで、息子と一緒に作りました。

 

ちょうどよさそうな空き箱に折り紙を貼り付け、牛乳パックを切ってディスプレイと数字のボタン(?)を作成。

受話器も牛乳パックです。

すぐ壊れたら悲しいので、本体も受話器も、マステで補強しました。

また、本体と受話器はビニール紐でつなぎ、それっぽくしました。

数字は、見本を見ながら一緒に書き書き。

 

受話器をとるとサボさんが現れます。

f:id:tmt_krk:20220909221733j:image

帰省したときに出向いた飲食店で、オマケに1つオモチャをいただけるとのことで、コッシーとサボさん柄の折り紙を選びました。

これは、その包装?部分を切り抜いて使っています。

本来捨てる部分です。

エコだね!

 

完成したら、とってもとっても嬉しそうに遊んでいました。

f:id:tmt_krk:20220909223610j:image

息子は工作も好きなので、今後もこうやって定期的に何か作っていきたいと思います。

図工5が火を吹くぜ!!!

 

シャンプーを少しだけいいやつに替えたら、髪がトゥルントゥルンになった

化粧にはあまり興味がなくて、1アイテム1個持ち、使い切ったら新しいものを買うというなんとも女子力の低い私ですが、髪だけは少しばかりのこだわりがあります。

独身の頃はプロ仕様のトリートメントを使ったりしていましたが、ほぼほぼ専業主婦となった今、そんなお高いものは手を出すことが出来ません。

そもそも、誰にも見られないからね!!!

 

だけど、やっぱり髪は潤っていてほしくて、でも普通の薬局で普通に売ってるレベルのものでなんとか切り抜けたくて、最近はスマートホルダーに入るからと、エッセンシャルの標準仕様のものを使っていました(というか使い始めた頃、標準仕様のものしか売ってなかった)

 

スマートホルダーの記事はこちら↓

tmt-krk.hatenablog.com

スマートホルダーは、詰め替えが劇的に楽になる優れものです。

というか、もはや詰め替えていない。

ポンプ部分を詰め替えに直接繋ぎ替えて、ホルダーにセットするだけ!

詳しくは記事をご覧ください。

 

でも、やっぱりコンディショナーなんかじゃ、出産を経験したover30ヘアには敵うはずもなく、少し前にエッセンシャルのトリートメントを購入したんです。

香り、キツ!と正直思ったものの、髪の手触りはいくぶんかマシになったので、最近はこれを使い続けていました。

 

そして先日、このトリートメントと同じライン(?)のシャンプーを発見。

しかもスマートホルダータイプ!!!!

これは試さねば!!!と、本日初めて、シャンプーとトリートメントをライン使いしたわけですが…

髪の毛、トゥルントゥルンになりました。

トゥルントゥルンの、トゥルントゥルンです。

 

義実家に帰省した日はトリートメントを使わずにいたら、案の定ゴワッゴワの髪の毛になってしまったので、

「やっぱりあのトリートメント、薬局で売ってるものとはいえ、効果あるんだなー(失礼)」

とぼんやり思っていたんですが、

シャンプーも併用したら世界が変わりました。

トゥルントゥルン!

もう、トゥルンットゥルンの、トゥルンットゥルンですよ!!!!!

 

スマートホルダー、楽だからめっちゃくちゃにオススメです。

ボトルを洗わなくていい、中身が無くなってもすぐ新しいものを使い始められるって、ほんと神ですよ。

しかもこんなトゥルントゥルンシャンプーとトリートメントも、スマートホルダー仕様のものが発売されている!!!!

神、神!!!!!

か、髪だけに…

 

え、何か聞こえました?

 

おわりに

のりを塗ったり、テープをちぎったり。

「ノージー(Eテレ工作番組のキャラクター)が、のりはハジッコ塗ったらいいーって、言ってたヨ」

「ノージーが、(テープは)短く切ったらいいーって、言ってたヨ」

今日は金曜日で朝からノージーを見たので、息子もやる気満々でした。

 

作るって楽しいね!

完全自宅保育の2歳8ヶ月息子とのお遊び。絵の具ブーム、来てます。

こんにちは。

2歳の息子とワイワイやってる「とまと」と申します。

今日は最近したお遊びをまとめます。

 

もくじ

 

完全自宅保育の2歳8ヶ月息子とのお遊び

あと半年と少し経てば、息子は幼稚園に通い出すのかー!と、最近なんだかちょっぴり切なさを感じている「とまと」です。

完全自宅保育も残すところあとわずか。

最近やっていることをまとめますね!

 

晴れて涼しい日は公園!

やーっと、少し涼しい日も出てきましたね!

先日、雨でもなく暑くもないという奇跡的な日があったので、初夏ぶりに公園に行ってきました。

したらば。

f:id:tmt_krk:20220908215252j:image

栗!!!!!

秋、来てますがな!!!

どんぐりもコロコロしてました。

 

そんな中、息子氏がハマった遊びは、

崖登り。

 

そうだった、この子、私とおててを繋いで崖を登るのが好きなんだった…

草が青々と生えたそこそこ急な斜面を、何度も登っては下り、登っては下りしました。

もちろん汗だく。

 

息子は登るたび、キラッキラの笑顔。

君が楽しいなら、お母さんはそれでいいんだ!!!!

 

筆を使っての絵の具遊び

今までは指や綿棒を使っての絵の具遊びでしたが、最近筆とパレットを購入しまして、本格的な絵の具遊びをスタートさせました。

f:id:tmt_krk:20220908220011j:image

魚が血を吐いてるんじゃあないですよ。

心優しい息子が、魚にリンゴをあげた絵です。

あの赤いのは、リンゴです。

 

私がリクエストされたものを描き、それに息子が手を加えたりご飯を書き加えたりするのが、主流な遊びのひとつとなっています。

 

大きなスケッチブックを見開き2ページ分一度に使うので、ダイニングテーブルに新聞紙を敷き詰めて、その上にスケッチブックを置き、対面でお絵描きを楽しんでいます。

塾講師をしていたので、逆さまに絵を描いたり文字を書いたりはお手の物。

やっててよかった、塾講師!

 

あとはこういう、ただ線をぐるぐる描くだけなのも楽しいです。

f:id:tmt_krk:20220908220419j:image

「黄色い車、ブンブーン」とか言いながら、黄色い絵の具でぐるぐるお絵描き。

息子も一緒になって筆を動かします。

 

お絵描きから想像を膨らませていくのも楽しい。

「この道路には何があるかなあ?」

「おうだんほどう!」 

「じゃあここに、横断歩道を作ろう!これは、待ってる人ね!」

「みぎみてー!ひだりみてー!」

 

自由に描いた後に、これは何だろう?って考えるのも楽しいです。

「この赤いのは何ー?」

「うーんと、これはねえー、これは…おとうさん!」

「お父さんかあ!いいねえ!お顔はどこ?」

「ここー!」

「じゃあ、おめめとお口描いとくねー!」

「おとうさんだー!!!」

 

それから、息子の足跡もとりました。

f:id:tmt_krk:20220908221025j:image

 

今図書館で借りている絵本に、「なにのあしあとかな」という絵本がありまして。

読んだ後に、

「息子のあしあとも、作る?」

と聞くと、キラッキラの笑顔で頷いてくれました。

 

あ、余談ですけど、中学受験理科でも動物の足跡って出てくるんですよ。

入試問題で何度か見かけたことがあります。

あまり授業では扱わないんですけどね。

ウサギの足跡なんて知らんわ!でも中学受験考えてるわ!って方は、調べてみてください。

うそやろ…?ってなるので、ぜひ。

 

お料理体験、オムライス作り

こちらも絵本きっかけ。

我が家はちゃれんじのオプション講座を受講していて、毎月絵本を一冊届けてもらっているんですが、今月がちょうどオムライスを作る話で。

f:id:tmt_krk:20220908222156j:image

(新居に越してから、リビングの照明が複数のダウンライトになったので、写真がうまく撮れず…!お許しを)

 

今日は(私が)頑張って、息子とオムライスを作りました。

お野菜を洗ったり、卵を割ったりのお料理経験は既にある息子でしたが、フライパンを使って炒め物をするのは今日が初めて。

事前にいくつかのルールを説明し、「守れないならお料理はすぐやめてもらうからね」と伝え、二人羽織で作っていきました。

f:id:tmt_krk:20220908222623j:image

今日は夫がテレワークの日だったので、家族3人でペロリ。

ものすごーく時間がかかったし、ものすごーく気を張り続けて疲れた数十分でしたが、やってよかったです。

幼稚園に入ったら簡単には出来なくなるだろうし、今のうち、今のうち!

 

おわりに

1日1つは、私が関わる大きい遊びをするよう心がけています。

公園に行くのも、絵の具で遊ぶのも、お料理するのも、地図パズルやリングフィットアドベンチャーをするのも、そう。

 

何か1つでも大きな遊びをすると、寝るときに「今日も楽しかったねー!今日は一緒に〇〇したね!」と具体的に息子と思い出を共有することができるので。

 

まあ、もちろん、特に何もしない日もあります。

「今日も楽しかったねー!ええっと、今日は…色々遊んだね!お母さん、息子が大好きー!」

力技のゴリ押しです。