まいにちきろくノート

まいにちきろくノート

気になったことをきろくしていきます。

【4コマ】私のイヤイヤ回避術②2歳6ヶ月息子が頑なに拒否をしてきたら/とまと氏、蕁麻疹に怯える。

こんにちは。

2歳の息子とワイワイやってる「とまと」と申します。

今日は私のイヤイヤ回避術を。

 

もくじ

 

私のイヤイヤ回避術②だめ!と頑なに拒否されたら

f:id:tmt_krk:20220711090956j:image

 

 


f:id:tmt_krk:20220711090952j:image

 

 


f:id:tmt_krk:20220711091004j:image

 

 


f:id:tmt_krk:20220711091000j:image

「だめ!だめ!だめーーー!!!」と全力拒否してくる割に、案外すんなり許可がおります。

でもこれ、「よくなったら教えてね」の必殺技に行き着くまでは、結構苦戦してたんですよね。

「だめ!だめ!」と本気で嫌そうな顔をして部屋中を逃げ回り、無理に塗ろうとするとギャー!って叫んでました。

それが、

「よくなったら、教えてね」の声かけだけで、こんなに楽になるとは…!

 

最近ちょっと思っているのは、息子は結構素直なタイプで、しかも私とかなり相性がいいのでは…?ということ。

この奇跡的な偶然に、乾杯!!!

 

とまと氏、蕁麻疹に怯える

土曜日。

家庭教師を終え、オンライン授業も終え、ふーっと一息ついていたら、なにやら首にかゆみを感じ始めまして。

これはいかん!早くお風呂に入って日焼け止めを洗い流そう!とシャワーを浴びたら、そこからさらにどんどん蕁麻疹が出てきまして。

21時にはそれらが結合し、四国っぽい形になってきて、「今日はブログを更新せずに早く寝た方がいいな〜この調子だと日本地図が出来かねんわ、こわいこわい」とか思っていたら…

 

その後、ユーラシア大陸はおろか、パンゲアを形成するまでに至ってしまいました。

パンゲア大陸パンゲアたいりく)とは、ペルム紀から三畳紀にかけて存在した超大陸である。

ja.m.wikipedia.org

 

深夜に強すぎる痒みで飛び起きて、腫れ上がる自分の体に恐怖しました。

幸い、花粉症で処方されていたビラノアが残っていたのでそれを飲み、あとは保冷剤で冷やして対応。

その後1日半かけて少しずつ引いていき、痒みもだいぶ治まりました。

 

朝一番に皮膚科を受診して、ビラノアを追加でいただいたところです。

 

蕁麻疹はその半数が2週間ほどで引いていくらしく、ひとまず14日分いただきました。

10日分飲んで一度やめ、そのまま問題なければそれでよし。

ぶり返したら余っている薬を飲んで、再度受診してほしいとのことでした。

 

いやほんと、結構な異常事態でかなり怖かったです。

人生初の蕁麻疹は、全身真っ赤になるほどの超弩級(個人の感想です)で、これは外出もままならんなという状態でした。

仕事が終わった後で、心底よかったなと思います。

 

蕁麻疹はストレスで出ることが多いらしいのですが、仕事や生活は特に変化なくいつも通り。

思い当たることといえば、あのショッキングなニュースくらいしか…

共感性が高めなので、結構メンタルやられてしまったのかもしれません。

 

あのあとニュースやSNSはあまり触れないように、自分でも気をつけてたんですけど。

だめでしたね。

 

今はほとんど引いているので、ご心配なさらず。

いやー、こわかったです。

 

おわりに

「よくなったら、いいよーって、言ってね」と待っている間、息子はとても怪訝そうな顔でこちらを見てきます。

全力で疑ってきます。

それなのに、その5秒後には四方八方に花を散らし、満面の笑みで抱きついてきます。

 

まったく、誰似なんだか!