まいにちきろくノート

まいにちきろくノート

気になったことをきろくしていきます。

昨日の記事につきまして。攻撃力高めなドロドロ記事をお読みいただき、ありがとうございました。

こんにちは。

 1歳7ヶ月の息子とワイワイやってる「とまと」と申します。

f:id:tmt_krk:20210804101350j:image


f:id:tmt_krk:20210804101354j:image

 

もくじ

 

超ロング記事を読んでいただきありがとうございました

面白くもないスーパーロング記事(あえて引用はしない)を読んでくださった方が思いのほか多く、「あれ、私注意文つけたよね…!?」と心配になりました。

読んでくださった方、本当にありがとうございました。

 

いやー、テロでしたね。

テロ。

白昼堂々、人様の心をぐっちゃぐちゃに掻き乱して、特にフォローもせずそのまま!!!っていうね。

テロですわ…たまらんですわ…

大変失礼致しました。

 

普段は頭に葉っぱ生やしてヘラヘラしてるんですが、たまーにこういう記事を書くことがあります。

そのときは注意文を添えますので、容赦なくブラウザバックしていただけたらと思います。

f:id:tmt_krk:20210804102551j:image

 

夫と話し合って決めたこと

夫も最近しんどかったそうです。

そりゃそうだ。

私、7月は月の半分死んでたんですよね。

そりゃゾンビとの結婚生活はしんどいわ〜

嫌だわ〜

そんなわけで、色々決めました。

 

1.病院に行く

うっすら思っていたのが、ホルモンの乱れが関係しているんじゃないかということ。

頭痛薬が手放せなかった1週間は、まるまる生理があった1週間でした。

色々崩れ出したのは生理開始数日前からで、不正出血しまくりの荒れ荒れ状態でした。

一回見てもらおうと思います。

 

体調が悪いと息子の気をそらすのもうまくいかず、なし崩し的に授乳しまくりのウォーターサーバー状態になってしまって、そこから貧血かなんかになってしまったんじゃ…という懸念もあります。

貧血になるとうつっぽい症状が出るんだとか。

こわ。

 

ちなみに昨日は色々書きましたが、生い立ちに関してはもう変えられるものではないので、特に恨んでるとかそういうことはありません。

相性の悪い母のもとに生まれてきちまったぜ〜HAHAHA!ぐらいの感じです。

ここからどう生きるかは私次第だし、実家とはもう距離をとっているので、記事を読んで猛烈に心配になった方は安心してくださいね。

考え方を変えるために過去と向き合うことは大事だと思っているけれど、昔の出来事で今も傷つき続けてるとかはないのでね。

いやー、テロ!テロでしたね!

 

2.リングフィットアドベンチャーを買う

ニンテンドースイッチのソフトです。

スイッチもないので、合わせて買おうと思います。

ガッキーがCMしてたアレです。

 

なんか筋肉つけたらポジティブになれるって聞いたんですけど本当ですか?

筋肉が生み出すホルモン的な何かが、考え方を前向きにさせてくれると聞いたことがあります。

私、筋肉つけますね。

 

現在161センチ44キロのガリガリ体型なので、これをまずしっかり増やすところから始めたいと思います。

ゲームしながら筋トレできたら、楽しいし、ポジティブになれるし、ガッキーにもなれるってことで良いことずくし。

最高だ。

よし、ガッキーになるぞ。

f:id:tmt_krk:20210804141616j:image

 

3.些細なことでもいいから、とにかくブログを更新する

長いお付き合いの読者さんはご存知かと思いますが、私、産後すぐからの数ヶ月は狂ったようにブログを更新してたんです。

月に25回以上は記事書いてましたね。

30回に到達しそうな月もありました。

 

それは「ブログ楽しい〜記事が自然と出来あがっちゃう〜」からやってたんではなくて、「産後うつになってなるものか!!メンタルブレイクしてなるものか…!!!!!!」の執念でやってました。

それが結果的にとてもよかったと思います。

 

家がスーパー地獄環境だった高校生のとき、私を支えていたのは毎日の記録を残した手帳でした。

そこに、その日あった嬉しかったことを小さなことでも全て書き残すようにしてたんです。

ついでに覚えたい英単語やフレーズ、反応式なんかもメモっておいて、復習がてら何度も読み返していました。

たぶん、そういう記録が私には合っているんだと思います。

うっかりしていると忘れてしまうけど、楽しいことって結構そこらじゅうに起きてるんですよね。

拾い集めて、記録していこう。

 

おわりに

そういえばこのブログのタイトルって、「まいにちきろくノート」っていうんですよ。

ほぼほぼ子育てブログなのに、なんでこんなタイトルなのかというと、始めた当初は妊娠も何もしてなかったから。

まいにちをきろくして、ポジティブになったり、家事力を向上させたりしたいなと思って始めたんです。

原点に立ち返りましたね〜

 

好き勝手書きまくるこんなブログですが、これからも読んでいただけると嬉しいです。

 

 

 

おわりに2・いただいたコメントをうけて、「もし同じような育ちの方がいたら」

それから、いただいたコメントをもうひとつだけ紹介します。

トマトさんが過去のことを書くのはとても意味があることだと思っていて、こういった経験を持ちつつ子どもがすくすく育ってるというのは同じような方の救いになると思います。

なるほどな〜!と思いました。

私の場合は「自分が愛されてないことを認めた」ところから全てが始まった気がします。

 

とてもとても辛いことではありますが、ちゃんと消化するのに数年かかりましたが、もし今苦しんでいる人がいたとしたら、そこから始めてみることをオススメします。

たぶん親は「愛してるよ〜なんで伝わらないの〜こんなに愛してるのに〜」とか言うだろうけど、そこはツッコミを駆使して乗り切ってください。

「いや愛してる人間のけものにして家族旅行いかんやろ!あなたがいると楽しくないからって当たり前に排除してた事実はどう説明するの!」

「親戚中に私の嘘の話広めて、私の評価を落としてまわってたでしょ!ふつう愛してる子供を薄情者に仕立て上げないから!いや愛されたことないから知らんけど!」

やろうと思えば、色んなツッコミが出てくるはずです。

出てきたら、もう諦めた方がいいかな。

 

誕生日や母の日に毎年お祝いの連絡をしたりプレゼントを送ったって、不仲な弟と連絡をとって内密に銀婚式のお祝いをしてみたって、私の誕生日には連絡ひとつもらえはせんかったのです。

そんな場合は、残念だけど、愛されてないって認めた方が楽になれると思いますよ。

認めた直後の数年は辛くて辛くて夢でうなされたりもするけど、それを乗り越えたら世界が変わりますよ。

応援しています。