まいにちきろくノート

まいにちきろくノート

気になったことをきろくしていきます。

仕事について考える②唐突に浮かび上がったYouTuber案

昨日、仕事について考える①っていう何も面白くない記事をあげました。

申し訳ないですけど、今日はその続編です。

もうすぐ元に戻るのでしばしお待ちくださいませ。

 

 

昨日は頭の中がごちゃごちゃで、あの記事をあげてからもずっとぐーるぐーる考えていました。

で、色々考えた結果…

YouTuber始めてみようかと。

ユーチューブなんてほとんど見てないのにね。

 

なぜそんな考えに至ったかというと…

今は週1の家庭教師で手一杯やけど、息子が幼稚園に通うようになったらもっと仕事を増やしたいな。

そのころには今受け持ってる生徒も家庭教師を必要としなくなってるかもしれないし。

ただ、もし仕事を増やすとしても、できればオンラインがいいな。

家族と過ごす時間を大切にしながら、好きな仕事も続けていきたい。

そうなると、ネットで生徒を募るのがいいのかな?

でも私だったら得体の知れんどこぞの馬の骨なんかに絶対に頼まんわ。

授業を試し見できないと、絶対頼まない。

じゃあ、4年後に向けて、動画を少しずつユーチューブにアップするのはどうだろう。

続けられるかはわからないし、どんなペースになるかもわからないけど、わからないで足踏みせずに、一歩進んでみるのはどうだろう。

…というか、コロナで休校続きだった新中一生たちはどうしてるんだろう。

私が担当したあの子たち、今はどうしてるんだろう。

スーパーハイペースで授業が進むとなったとき、1番困るのはたぶん英語だろうな。

じゃあ、その子たちに向けて英語のぷち授業をアップするのはどうかな!?

自分の中では「その子たちに向けて」やるけど、一応は全国の中学生に向けて、というかたちで。

「ペーパーテストで満点を取るための英語」に焦点を当てて、授業してみるのはどうかな。

 

こういう流れです。

 

顔も姿も出さずに、授業動画をアップする。

とりあえず、今の中1生、特に元担当生徒(100人くらいしかいないけど)の誰かには役立つんじゃないかな。

見たことない大人の解説より、知ってる人の解説の方が響くのでは。

まあ、どうやってその動画を元担当生徒に知らせるかっていう問題はあるけど…

 

すでにわかりやすい授業があがってはいるけど、まあ同じようなんなんぼあってもええやろ!

 

ちょっと考えて動いてみます〜

スポンサーリンク