まいにちきろくノート

まいにちきろくノート

気になったことをきろくしていきます。

家庭教師、解禁。やっぱりオンライン授業とは違いますな!!!

こんにちは。

昨日、やっと家庭教師が解禁されました!!!

f:id:tmt_krk:20200621223748j:image

 

もくじ

 

オンライン授業はもういやだ

昨年冬、妊娠・出産に伴い長年続けた塾講師の仕事を退職した私。

春から新しく家庭教師を始める予定だったんですが、今回のコロナ禍で一時中止に。

再開するまでの間、期間限定でオンライン授業をすることになりました。

巷で噂のzoom授業ですね。

 

zoomにはホワイトボード機能といって、お互いに書き込み合いができる便利な機能があるんですけど…

やっぱ、生の授業とはちがう!

 

何が違うって、1番はこれでしょう。

数秒間の、タイムラグ!!!

 

たとえばこちらが問いかけをしたとしたら、それが映像&音声として向こうに届くまでに数秒かかってしまうんです。

生徒はそこから答えを考え始め、なにかしらを返答するわけですが、それもまた数秒遅れて私に届くんです。

まどろっこしいったら、ありゃしない!!!

 

何が1番嫌だったかって、もうブッチギリでこれですね。

ボケても笑いがおきるのが数秒遅れ!!!

 

なんか一瞬スベったかのような空気が流れるんですよね!!!

最悪!!!

 

 

家庭教師、スタート

学校の再開にあわせて、家庭教師もやっとスタートできるようになりました。

土曜日、初めての訪問です。

最高でしたよ〜!!!

 

まずね、ボケたらすぐに反応が返ってくる!

いいね!とてもいい!!!

もちろん、ボケるといっても授業に全く関係ないことを話すわけではなくて、例文とかをちょっと笑えるものにするとかそういうのなんですけど。

 

真顔で行う解説の中に、小ネタをバンバン仕込んでいく。

ツッコミさせる暇もないくらい、滑らかに、自然に、すすす〜っと仕込む。

ああ、楽しかったな〜!

 

ふふふ、っていう笑い声が上がるたび、

私、生きてる…!!!

って思いましたもんね。

注)やってきたのは授業です。

 

 

あと、個別指導の真骨頂を発揮できたのもよかったです。

zoomだと、どうしても集団授業のような形式になってしまうんですよね。

私がホワイトボードに板書して、生徒がそれを写す。

書けたかどうか確認しながら、次に進む。

特にzoomのホワイトボード機能を使っている間は生徒の顔が見えないので、書けたかどうか・気になるところはないかどうか、ひとつひとつ声掛けして確認せねばなりませんでした。

ええい、まどろっこしい!!!

 

家庭教師はそれがありませんからね。

生徒の表情を見ながらバンバン例題を出し、即答えさせ、間違えれば類題を即作成し、正解したら少し難易度を上げてまた即問題作成。慣れてきたら練習問題へ!

こんなふうに、スピーディーに進めることができます。

集団授業との大きな違いであり、個別指導の最大のメリットですね。

その子が理解できたら、それでよし!

うん、個別指導もやっぱり楽しいな。

学生時代にやってたアルバイトが懐かしいです。

 

 

おわりに

産後に初めてオンライン授業をしたときは、全身からアドレナリンが吹き出して朝5時まで寝付けないくらいスーパーハイ状態になったんですけど(完全に異常者)、昨日家庭教師をしたときもなかなかなハイ状態になりました。

帰ってすぐ次回の授業準備をやり込んでしまうくらいにはハイになりました。

 

あらためて、この仕事が好きなんだな〜と。

 

息子の手がある程度離れるようになったら、やっぱり集団授業に復帰したいです。

小学校の…3年生か、4年生か…5年生…

そのくらいかなあー!

スポンサーリンク