まいにちきろくノート

まいにちきろくノート

気になったことをきろくしていきます。

大嫌い!大嫌い!大嫌い!大好き!!!な子供たち。

以前、こんな記事を書きました。

tmt-krk.hatenablog.com

小学生、遠慮ゼロ!!!というお話。

そして先日も、やってくれました小学生。

 

 

「せんせーなあ、こないだ〇〇校でも授業したやろー。友達が言っててんけどな、せんせーの声うるさすぎて嫌やったってー」

 

ハイ、ウソー!!!!

 

「声大きすぎてうるさすぎてな、めっちゃ嫌やったって言ってたでー」

 

ハイ、ウソいただきましたー!!!!

 

これがね、私が塾の先生なりたてのピヨピヨ状態ならね、ぐさっと来たはずですよ。

 

えっ…そんなに嫌だったんだ…たしかに私の声大きいもんな…そっか、悪かったな…

 

なんてね、反省もしたでしょうよ。

 

けれどもね、ワタクシ、もうかれこれ10年やってるんですわ。

そんな大砲、効かんのですわ。

 

ウソと断言できる理由は2つ。

1.声の大きさは適宜子供達に確認をとって調整していたから。

代講ですからね。代わりですよ代わり。

いつもと違う先生が来るわけですから、それはそれは配慮して子供達に接します。

「声大きいから、あんまりうるさかったら言ってねー!」

はじめにちゃんと言いましたがな。

「聞き取りやすくてめっちゃいい!大きくても大丈夫!」なんて、子供たち、言ってくれてましたから。

さらに途中途中で声の大きさ確認してましたから。

 

2.みんな笑顔で最高に盛り上がった授業をしてきたから。

「楽しかったー!!!」

「もっとやりたかった!!!」

「せんせー、延長してもいいよ!!!」

そう言われた授業の、どこが、めっちゃ嫌なんじゃーい!!!

 

たしかに気づかなかっただけで、楽しくなかった子がいたかもしれない。

いつもと先生違うだけで、緊張するしね。

でも、声が大きいだけでめっちゃ嫌!なんてことはないやろー。

もし本当にそんな子がいたなら、この場で謝る。ほんまごめんよ!!!!でも代講やからね、もういつもの先生にもどってるからね!耐えてくれてありがとうね!!!

 

 

私、もう生まれたてのピヨピヨ教師じゃないんです。

トサカしっかりの大人ニワトリなんです。

そんな言葉には負けないぜ!!!

私がその子に返したセリフは、こうです。

 

「ちゃんと言ってあげたか?私はそんなウルサイ授業をずーっと受けてるんやでって。すごいやろーって。言ってあげたか?ちゃんと自慢しときや」

 

ハイ、いただきました満足げな顔ー!!!

 

もう絶対友達そんなこと言ってないやん。

わかってるぞ、君が考えていることは。

 

「せんせー〇〇校に授業しに行ってたやろ!知ってるんやで!!!」って、会話がしたかっただけやろ??

けど、それだと先生が大好きで話しかけに行ってるみたいやから、恥ずかしくて、ちょっと悪い言い方してしまっただけなんやろ?

 

わかってます!!!

 

口から出てくる言葉はたいていがトゲがあるセリフだけど、授業中の様子見てたらわかります。

私たちの間に築かれた信頼関係はガッチリ強固なものです。

わかってる、わかってるんだぞ〜。

 

 

さあ、会話がしたくてたまらない子供達よ。

授業前や休憩時間にたくさん話しかけてくれるのはいいんだけども。

わっと人だかりができるのもいいんだけども。

色んなお話をしてくれるのもいいんだけども。

「せんせーつめ短い!伸ばさないの?」とかもまあいいんだけども。

 

君たち、せんせーのお腹の膨らみには気づかないのかね?

もうすぐせんせーは7ヶ月に突入するぞ。

お腹ぽっこりだけど、誰も気づかないね、なんでかな。

 

ギリギリまで頑張るつもりから、ギリギリまで楽しもうね。

f:id:tmt_krk:20190912010051j:image

 

 

※よかったらこちらも。

tmt-krk.hatenablog.com