まいにちきろくノート

まいにちきろくノート

気になったことをきろくしていきます。

夫との結婚でもたらされた変化、それはサッカー知識の流入。

夫はサッカーとゲームが趣味だ。

小学校低学年のころからずっとサッカーをやっていて、今も会社のサッカー活動に参加している。

たまにふらりとフットサルに出かけたりもする。

 

一方、私は夫と付き合うまでサッカーに微塵も興味がなかった。

両親が熱狂的なカープファンで、弟も野球少年だったため、スポーツといえば野球!というイメージだった。

家から車で片道1時間半以上もかかるのに、何度も市民球場へ連れていかれた。

熱中症になれば日陰を探し、子供一人で休まされた。

f:id:tmt_krk:20190610104900j:image

そんなだから、私は特に熱狂的なファンにはならなかった。

ただ、野球の知識はそこそこあったものの、サッカーの知識は皆無と言っていいほどだった。

 

 

「メッシ??それはどこのチームですか?」

結婚前はそのレベルだった私。

今ではまあ驚くほどの成長を見せている。

 

一番の原因は、「ウイイレ」だと思う。

私が仕事から帰ると、夫は必ずウイイレをしていた。

ウイイレとは、ウイニングイレブンという、サッカーゲーム

 

このゲーム、試合をしていると、ちゃんとその状況に応じて実況さんがしゃべってくれるのだ。

誰かがゴールを決めた時なんか、ゴールを決めた選手を本番の試合ばりに叫んでくれる。

f:id:tmt_krk:20190610105243j:image

 

私は学習するのだ。

耳で聞き、画面で名前を見、記憶する。

今ではこうだ。

f:id:tmt_krk:20190610105856j:image

 

何ならこんな日もある。

f:id:tmt_krk:20190610110337j:image

 

やべっちFCは毎週欠かさず見ているし(夫が録画したのを一緒に見ている)、サッカーの試合があればそれも一緒に見る。

 

そんなわけで、昨日も日本代表の試合を見ていた。

 

私「あれまー、外しちゃったな、残念」

夫「おれだったら間違いなく決めてたな」

私「そやね、夫くんを招集せんかった監督が悪いわ」

夫「呼ばれる準備はできてたんやけどなー

この会話は代表戦を見るたびしている気がする。

 

f:id:tmt_krk:20190610111458j:image

f:id:tmt_krk:20190610111508j:image

2回目は「ぷう♪」じゃなくて「ぷうぷう♪」だったのに、完璧にハモった私たち。

これが結婚4年目の力である。

 

夫「おれらたぶん、めっちゃ仲良いよな」

私「たぶんな」

 

仕事も楽しいけど、家もだいぶ楽しい。