まいにちきろくノート

まいにちきろくノート

気になったことをきろくしていきます。

ポンコツドライバー、渋滞で輝く。

突然だが、私は運転が下手だ。

ショッピングモールなんかのちょっと狭い立体駐車場なんかだと、冷や汗をかく。

免許をとったのはもう何年も前で、最近ゴールド免許に更新した。

けれど経験値はとても低く、ポンコツである。

 

そんなポンコツ妻なので、夫婦でお出かけするときは基本夫が運転してくれる。

「おれ運転キライじゃないし、いいよ」と言ってくれるのだ。

優しい。

 

GWの四国旅行でも、夫がほとんど運転してくれた。

見たことない道でも、高速でも、スルスル難なく運転する。

「運動神経のいいやつは、運転もうまいよ」

なるほど、私が下手なのも納得だ。

学生時代、どれだけ頑張ってもハンドボール投げで10mを超えられなかったんだから、運転だってそんな上手く行くはずがない。

 

けれど今回のGWでは私の運転が大活躍したのだ。

いえーい!!!!役に立った!!!!

たまにはね!!!!

 

ニュースで「旅行者の数、まじはんぱねえ!」と連日伝えられていたこの大型連休。

私たちは最終日にその洗礼を浴びることになる。

 

四国から淡路島経由で家に戻る選択をした私たち。

淡路島、全く抜けられん!!!

 

本来なら1時間30分で抜けられるはずの淡路島。

何時間かかったかなあ…

4時間かなあ…

いや、もっとかなあ…

 

私のファインプレーは、この渋滞に捕まる前に夫と運転をバトンタッチしていたことだ。

夫は渋滞がきらい。

イライライライラしてたまらんらしい。

けれどそれは自分が運転していたらの話。

今回は私が運転していたので、機嫌よくモンストに熱中していた。

 

そんな中、私はというと。

ウキウキで運転を楽しんでいた。

 

渋滞ってね!!!基本怖くないんですよ!!!

ガンガン飛ばす車がいなければ、急に車線変更する車もいない。

のろのろ進んで、止まって、のろのろ進んで…の繰り返し。

どっちかというと、渋滞、すき!!!!

後ろに予定がつまってなければね。

 

まず、極限までアクセルを踏まない運転を目指して楽しむ。

ブレーキの微調整だけで車を操る。

なんだかとっても繊細に車を操っている気分になれる。

私、めっちゃ運転うまいじゃん!!!と鼻を伸ばすことができる。

最高だ。

 

止まる時間が長くなってくると、サイドレバーも駆使し始める。

なにかのパイロットになった気分。

とても楽しい。

 

そして勝手に一人で喋り出す。

「あの黒い車、運転上手いぞ!尊敬する!いいね!」

「後ろのおじいちゃん、運転席にだいぶ深く座ってるけど大丈夫だろーか」

「おおー!珍しい色!オレンジの車!!!」

「この狭い中横入りとは、なかなかやりおるな、お主」

 

渋滞が続くと歌まで作り始める。

「のーんびーりいっくっよー!ふふふふ〜」

 

その横で静かにモンストする夫。

いやー平和だわー。

 

スムーズに流れ出してからは、相棒を作る。

そんなに飛ばしすぎず、そんなに遅すぎず、一定スピードをキープする車についていく。

 

「いいね!黒ちゃんの運転とってもいい!私は一生ついていくよ!!!」

 

長いこと寄り添った相棒との別れはかなり悲しい。

100km以上連れ添ってたら、それはもう親友と変わりない。

相棒が高速を降りていくときの切なさと言ったら、言葉に表せないものがある。

 

「ありがとう!ありがとう、相棒!!!元気でねーーーー!!!!」

 

ちなみにこの間、夫は無言である。

たまにふふって笑ってるかな。

 

たぶんうち、仲良いな。

 

f:id:tmt_krk:20190520141107j:image

 

 

スポンサーリンク