まいにちきろくノート

まいにちきろくノート

気になったことをきろくしていきます。

ばあちゃんという最強の生き物

この週末、祖母の家へ行ってきた。

新幹線に乗って、普通列車に乗って。

瀬戸内の海を30分ほど眺めたら、最寄駅に着く。


祖母の家は山の上にある。

最寄り駅からタクシーに乗って20分。

もしくは、バスに15分乗って、そこから歩く。

でこぼこな石の階段を100段以上登ったら、到着。

祖母は車を持っていないから、スーパーに行くときは毎回この階段を使う。

友達の家へ行くときも、街に出るときも、いつでも。



家はとても古い。

玄関は引き戸。

ガラガラーっと横に引いたら開く。

二階のトイレは和式だ。

工事をしたので、一応水洗。


玄関を入ったら、部屋はふたつ。

板の間と、たたみの間。

とんでもなく急傾斜な階段を登れば、二階にもうふた部屋ある。


洗濯機は20年前に二層式から新しいものに変わった。

地震をきっかけにリフォームして、お風呂は保温ができるようになった。


そんな古めかしいおうちだけど、うちのばあちゃんたらすごいんだ。


夫いわく、「町屋風おしゃれカフェ」

いや、ほんまに。


パッチワークが趣味で、そこかしこに作品が飾ってある。

最近は着物の帯を仕立て直すのにはまっているらしい。


植物を育てるのも趣味で、色んなお花や観葉植物が飾ってある。

おしゃれな陶器の花瓶がまたイカしてる。



お昼に寄ったので、ばあちゃんはお昼ご飯を準備してくれていた。

「◯◯ちゃん、準備手伝ってくれるかいね?」


そう言われて狭い狭い台所に行った。

人が一人がギリギリ入れる程度のキッチンに、ばあちゃんと二人。

高校生のころ、よく手伝ってたなあと懐かしく感じていたら、ばあちゃんが一言。


「そこのね、クレソン。クレソンとってくれる?お肉にのせよ思おんよ」


お気づきだろうか。

このばあちゃん、イマドキおしゃれ女子なのである。

御歳79歳だ。


私がモッツァレラチーズを初めて食べたのは、このばあちゃん家である。

ふつうに朝ごはんに出てきてびっくりした。

DVDのことはデーブイデーと言うのに、モッツァレラチーズは余裕で言えている。


ばあちゃん家のサラダはレタスやキャベツじゃない。

なにやらよくわからない、おしゃれな葉っぱ。

色んな種類の葉っぱのベビーリーフだそうだ。

ルッコラだけは、名前がわかるようになった。



ばあちゃんの家は古いし狭い。

だけど私はばあちゃん家が大好きだ。


掃除が行き届いていて、いつだって片付いている。

なにかの空き箱やなにかの空きビンに、細々としたものがきちんと片付けられている。

テーブルの上に不要なものはなにもない。

窓という窓をすべて開けて一日中換気してるから、部屋の中が心地いい。



私はばあちゃんのようになりたい。

心地のいい空間を作りたい。

家事、こつこつがんばるぞ。

千里の道も一歩から。

ばあちゃんへの道も続いているはず。



スーパーからの帰り道、崖から転落して骨折。

その後自力で崖から這い上がり、いつもの100段超の石階段を登ったばあちゃん。

たしか、アラウンドセブンティーのころだ。

その気力たるや、もはやバケモンである。


腰は曲がってるし、小柄だけど、うちのばあちゃんは最強だ。


f:id:tmt_krk:20190424122353j:plain